ニュース3|商標登録

意匠制度・商標制度における補正却下決定不服審判の請求期間も、制度利用者に対する手続保障の観点から、補正却下決定の謄本の送達があった日から「3月以内」(改正前は「30日以内」)に拡大されました(意匠法第47条第1項、商標法第45条第1項)。

また、この改正に伴い、補正却下決定後の査定の禁止期間及び補正却下決定があった場合の補正後の新出願が可能な期間についても、それぞれ改正前の「30日」を「3月」に拡大する改正が行われています(意匠法第17条の2第3項、意匠法第17条の3第1項(商標法第17条の2で準用)、商標法第16条の2第3項)。

補正却下決定不服審判

審判段階での補正却下決定に対して不服がある場合の東京高裁(知財高裁)への出訴期間については、改正前と同様に「30日」であり、変更はありません。

このため、審判段階での補正却下決定後の審決の禁止期間と補正後の新出願が可能な期間についても、改正前と同じく「30日」です(意匠法第50条第1項、商標法第55条の2第3項に読み替え規定が置かれています)。

使用許可した商標を後から使用禁止にできるか?
実際に裁判で争われた事例を題材に、商標権を巡るトラブルについて解説したいと思います
登録商標の使用を許可した後に、事件を起こして逮捕されたら?
事件を起こして逮捕された相手に許諾した登録商標のライセンスを取り消すことができるのでしょうか。
他人に使われたくない商標を守るためには?
ご自身が使用されている商標を他人に使わせないようにするためには、商標登録をするのが一番です。
台湾における商標登録
台湾で商標登録を考える場合には、実際に台湾で商標登録を行う必要があります。
バイクの商標登録
二輪自動車であるバイクについても商標登録を行うことができます。
商標の類似関係
二つの商標同士が類似するかどうかは、商標権の侵害になるかの判断を行う際の重要な判断要素の一つです。
立体商標の商標登録
商標権が得られる商標は、二次元の平面商標に限定されず、三次元の立体商標も商標登録の対象になります。
求人・採用募集情報
求人、採用情報が公開されています。