ニュース4|商標登録

特許・意匠・商標の拒絶査定不服審判、意匠・商標の補正却下決定不服審判について、その審判請求期間が、これまで拒絶査定又は補正却下決定の謄本の送達日から「30日以内」とされていたところ、「3月以内」に拡大されることとなりました。

期間延長の基本的な考え方

特許・意匠・商標の拒絶査定不服審判、意匠・商標の補正却下決定不服審判の審判請求期間については、改正法施行後、手続保障の期間としては、すべての制度利用者に対して十分と考えられる「3月以内」となることから、原則的には、延長は不要と考えられます。

これまで、在外者については、明細書等の補正の検討を行う期間が約4月(審判請求期間30日+延長期間60日+補正期間30日=120日)確保されていたため、審判請求期間が「3月以内」に拡大されていても、期間延長を行わない場合、在外者にとっては補正の検討を行う上で不利益変更となります。

日テレの「世界まる見え!」で知的財産権侵害潜入捜査コーナーを監修
たけしと所ジョージが出ている日テレの「世界まる見え!」で知的財産権侵害潜入捜査コーナーの監修情報
店名として使用するなら商標権の侵害にはならないか?
商品には全く商標を付けないで、お店の看板のみに商標を表示した場合にはどうなるでしょう?
侵害品を購入したら商標権の侵害になるのか?
侵害品であるとは知らずにたまたま購入した商品が、実は商標権を侵害するものであった場合にはどうなるのか
地名と商品名との組み合わせは商標登録できるか?
フジテレビの「とくダネ!」に出演した際にも問題になりましたが、地名と商品名との組み合わせは商標登録できるのか、という問題があります。
FMラジオのJ-WAVEに出演、職務発明について解説しました
FMのラジオ局であるJ-WAVEから出演依頼があり、6月24日の月曜日にJ-WAVEのある六本木ヒルズに行ってきました。
フジテレビの「とくダネ!」に出演、「丸亀製麺」について解説しました
小倉キャスターが司会を務める本日6月14日のフジテレビの「とくダネ!」に出演、丸亀製麺の知的財産権問題について解説しました。
登録商標が映り込んだ写真の商標権の扱い
登録商標が写真に写り込んだ場合に、その写真をネット上で公開する行為は商標権の侵害になるのでしょうか。
商標権侵害における損害賠償額の認定
侵害についての審理の結果、商標権を侵害した事実が認められる、と認定された場合には、次の「損害論」に進みます。